おすすめの本「いま君に伝えたいお金の話」お金と上手に付き合う方法がわかる1冊を紹介

osusume-books-okane-no-hanashi

「なんでお金って、大切なんだろう?」

「お金と上手に付き合うって、どういうことだろう?」

身近な存在である「お金」。

しかし、「なぜお金が大切か」を考えたとき、すぐに答えが出てくる人は少ないのではないでしょうか。

「答えが出てこないぞ!」という人のために、おすすめした1冊をご紹介します。

目次
PR

【いま君に伝えたいお金の話】お金と上手に付き合う方法を伝えたい

osusume-books-okane-no-hanashi

伝えたいこと

いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎文庫)とは、投資家・村上世彰氏自身の幼少期や投資家の経験を通して学んだ以下のことについて教えてくれます。

  • お金ってなに?
  • なんでお金って大切なんだろう?
  • お金との上手な付き合い方

本書は子どもたち向けに書かれていて、本を読んだ子どもたちがお金をうまく使って、幸せな人生を送るための手助けやきっかけになればとの思いがこめられています。

子ども向けですが、お金について考えたり勉強したりしないまま大人になってしまった人にとっても、とても大切なことを教えてくれます

ふくうら

語りかけるような優しい口調、中学生でもわかるような内容になっていているので、とても読みやすいです

お金の本当の価値や力

本の中では、お金について覚えてもらいたい4つの大切なことが紹介されています。

 一番大切なのは、「自立して生きていくためには、お金は絶対に必要である」ということ。次に、「やりたいことをやるには、余分なお金があったほうがいい」ということ。そして「困ったときに、お金は君を助けてくれる」ということ。さいごは、おまけとなりますが、「君がお金を持っていれば、人を助けることができる」ということです。

引用元:いま君に伝えたいお金の話(幻冬舎文庫)
ふくうら

特に「君がお金を持っていれば、人を助けることができる」というのは、直接的にお金を貸すということではなく、たとえばチャリティで援助したり、クラウドファンディングでサポートしたりして輪が広がるというイメージができます

そのほかにも、「お金の3つの機能」「社会にとってのお金」「お金の使い方」など「お金と上手に付き合う」ためのたくさんの大切なことを教えてくれます。

お金は寂しがりや

村上氏は子供の頃から、父親がお金についてとてもオープンにわかりやすく教えてくれていたそうです。

ふくうら

なるほど!と思えたエピソードがこちら

 父の一番の口癖は、「お金は寂しがりやなんだ」ということ。お金を増やすプロとしてかれこれ20年ほど経ったいまでも、その言葉を思い出し、本当にそうだなと思います。

 父の説明を借りれば、お金は一人でポツンといるのが嫌いなんだ、と。お金は仲間のいるところに行きたがる。だから一人が二人になり、二人が三人になり……と仲間が増えはじめると、一気にドドッ、ドドドドドッと集まってくるんだ、と教えてくれました。

引用元:いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎文庫)

ふくうら

またこんな驚きエピソードも紹介されていました

僕は物心つく頃からそうやってお金に慣れ親しんで育ち、10歳のときには父親から、僕が大学を出るまでのお小遣いをまとめていっぺんにもらって、そのお金でさいしょの株式投資をしました。それからは毎日、日経新聞を読んだり、会社のことが色々と書いてある「四季報」という本を読み込んだりして、お金とその流れについていっぱい勉強しました。

引用元:いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎文庫)

10歳で株式投資をはじめた村上氏にも驚きですが、大金を渡したお父さんもすごいと思えるエピソード。

しかし、しっかりとした教育の土台があったからこそ実行できたと言えます。

私自身過去を振り返ると、社会人になったばかりは、自立するためにお金を稼ぐことの大変さ、稼いだ分から一人暮らしの家賃や生活費などに充てる難しさ、それらもお金について早くに知っておけば、もっとスムーズに生活できていたんじゃないかなと感じました。

【いま君に伝えたいお金の話】もっと知りたいお金の話

osusume-books-okane-no-hanashi

本の中では「貯める」と「溜め込む」の違いや、会にお金を循環させることの大切さについても語られています。

私もそうだったんですが、銀行にお金を「預ける」=「貯める」だと認識している人は多いのではないでしょうか。

銀行に預けることは一見「貯める」ことに思えますが、金利が0.001%なら100万円を1年預けたとしても金利はわずか10円。これでは「貯める」ではなく、「溜め込む」という表現のほうが近いのかもしれません。

お金を循環させる方法として、最近始める人も増えている投資があります。

ふくうら

私は数年前から資産運用をしていますが、この本を読んでから「幸せになるお金の使い方」について考え、「お金を循環させる」ことをより意識するようになりました

お金に働いてもらうという考え方は、本当に重要です。

お金について考えたことがなかった人には、お金を知る第一歩におすすめな一冊です。

各サイトで見てみる

お金と上手に付き合おう

osusume-books-okane-no-hanashi

お金と上手に付き合える方法がわかる「いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎文庫)についてご紹介しました

まとめ

この記事が、みなさんのお役に立てたらうれしいです! ふくうら(@fkr099)でした。

ふくうら

シェアいただけると、とても励みになります!

osusume-books-okane-no-hanashi

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ふくうらのアバター ふくうら フリーランスWebライター

「Webライターで叶える」
「自分を大切に、わたしらしい働き方を」

未経験・初心者×元会社員・内向型ライターのノウハウ・働き方などについて発信しています。

・元事務職OL、未経験・スキルなしからWebライターに転身。
・内向型・HSP(繊細さん)
・アパレル→事務職→ライター
・疲れたら猫を吸う人

メディア記事や企業サイト・LP文章、電子書籍、動画・絵本シナリオの執筆、取材を行うなど幅広く活動。人や商品、サービスの魅力を深掘りし、必要な情報をわかりやすく伝える文章を得意とする。

ポートフォリオ »
note »

お仕事ご依頼などのお問い合わせはこちら »

目次