Webライターに向いている人の特徴と必要になるスキルについて解説

web-writer-features-skils

「Webライター」は、時間と場所に縛られず、PC1台あれば始められることもあり、最近注目を集めています。

Webライターに興味はあるけど、

「Webライターにはどんな人が向いているの?」

「Webライターに必要なスキルはある?」

と気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では「Webライターを始めてみたい!」と思っている人向けに、会社員から未経験でWebライターになったわたしの経験をもとに、次のことを解説します。

ここでわかること
  • 「Webライター」に向いている人3つの特徴
  • 「Webライター」で必要になる6つのスキル

Webライターに向いているか気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次
PR

Webライターに向いている人の3つの特徴

web-writer-features-skils

Webライターに向いている人の特徴はいくつかありますが、ここでは特に重要になる特徴を3つ紹介します。

① 文章の読み書きが好きな人

Webライターは文章を書くことが仕事になるため、好きかどうかが一番重要です。

さらに、得意かどうかよりも、書くことが「苦にならない」というのがポイントです。

ふくうら

Webライターは、最初のうちは低単価で実績を積む可能性が高いです。しかし、書くことが好き・苦にならないのであれば、モチベーションもキープしやすいです

② ひとりでコツコツと作業を進められる人

Webライターの仕事は、黙々とひとりでパソコンに向かって作業をするので、根気よくコツコツと続けられる人が向いています。

自宅でひとりで作業する分、会社員のように困ったときはすぐに周りの誰かに相談したり、助けてもらったりが難しい環境です。

ひとりでの作業が好きで、自分で解決策を探すのは苦手じゃないという人のほうが、ストレスが少なく取り組めるでしょう。

③ 約束やルールをきちんと守れる人

Webライターとして仕事をする上で大事なのが「納期を守ること」です!

クライアントとの信頼関係にもつながるので、約束やルールをきちんと守れる人が向いています。

また、クライアントから「指定キーワードを必ず入れる」や「○文字以内で」などのルールが書かれた執筆マニュアルを共有されることもあります。

当然ながら、それらの「マニュアルを守って執筆すること」が大前提です。

ふくうら

「マニュアルを守るの大変そう!」と思うかもしれませんが、未経験者・初心者の場合はマニュアルに沿って執筆を進められるので「この場合はどうすればいいの?」とならず、やりやすいというメリットも

Webライターに向いているかの判断基準は「苦にならないかどうか」

web-writer-features-skils

紹介した3つの特徴については、好きかどうか判断に迷う場合、自分が「苦にならないかどうか」を基準にしてみてください。

好き・得意といえなくても、苦にならなければ継続しやすいでしょう。

Webライターに必要になる6つのスキル

web-writer-features-skils

Webライターになるには特別な資格はいりませんが、Webライターとして仕事をするなら必要になるスキルはいくつかあります。

ここでは、わたしが実際に未経験からWebライターを始めて必要だと感じた6つのスキルをご紹介します。

ふくうら

ここで紹介するのは、Webライターの種類で「SEOライティング」のWebライター向けに必要になるスキルになります

「Webライターの種類」については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

① リサーチ力

WebライターはWebサイト上の掲載記事を書くのが仕事のため、「SEOライティング」が必要になります。

SEOライティングとは

特定のキーワードを検索したときに、検索エンジンで上位表示させるためのライティング方法のこと

記事を上位表示させるためには、すでに上位表示されている競合サイトがどのような記事を掲載しているのかリサーチしたり、記事を書くための情報を収集したりする力が求められます。

② 分析力

リサーチしたあとは、調べた情報から読者のニーズを分析する力が必要になります。

③ 構成力

文章を書く以外に、記事の構成を考える力も重要です。

構成がしっかりできていないと、執筆の途中で内容に矛盾が出てきてしまい、書き直しばかりで先に進めなくなってしまう可能性があります。

とはいえ、未経験や初心者がいきなり構成を考えようと思ってもハードルが高めです。

「構成なんて無理!」と不安に感じるかもしれませんが、案件によっては構成はクライアントが準備してくれる場合があります。

必要に応じて、仕事の案件の募集内容をよく読み、構成作業が含まれない案件を選ぶとよいでしょう。

ふくうら

「未経験者OK」「初心者OK」の仕事案件の場合は、クライアント側で構成を準備してくれることが多いですよ

クライアント側で構成を準備してくれる場合、案件募集内容には次のような文言が記載されているケースが多いです。

【参考】クライアント側で構成を準備する案件の場合
  • 「構成は依頼時にお伝えします」
  • 「指定された記事構成をもとに記事執筆」
  • 「見出し作成不要」 など

見出しとは「記事の見出し」のことで、簡単にいうと「目次の部分」になります。

まずは「構成なし」の仕事から始めていき、記事執筆に慣れたあとで、構成作業もできるようになれば案件獲得の幅も広がるでしょう。

ふくうら

個人ブログを運営すると、構成から記事執筆まですべて自分で行うため、スキルアップにつながります!

④ クライアントの意図を理解し、記事にできる力

記事執筆に際しては、クライアントが文章に求める目的を理解することが大切です。

その上で、記事のターゲットとなる読者の知りたいことを伝えられる記事を書く力が求められます。

⑤ コミュニケーション力

クライアントとやりとりするためには、コミュニケーション力が必要です。

WebライターはWeb上で仕事をするため、コミュニケーション力はあまり必要ではないように思えるかもしれませんが、仕事の獲得や仕事開始前・執筆中・納品後など、さまざまな場面でやりとりが発生します。

クライアントとスムーズにやりとりするためには、コミュニケーション力が欠かせません

特にWeb上ではテキストのメッセージだけやりとりをするため、場合によっては対面や会話のときよりも勘違いが起きやすいので注意しましょう。

ふくうら

少しでも疑問に感じたところは、あいまいなままにせず、きちんと確認しておくことが大切です!

⑥ 修正依頼に素直に応じられる力

未経験や初心者のうちは、記事の修正をもらうことがあります。

クライアントから修正を依頼されたら、素直に応じられる力が必要です。

ふくうら

修正なしで納品できるのがベストですが、修正をもらった場合は自分のスキルアップにつながります。修正点を次に活かしていきましょう

ここまで読んでみて、「Webライターは自分に向いているのかな?」「やっていけるのかな?」という疑問や不安がある人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Webライターにチャレンジしてみよう!

web-writer-features-skils

「Webライターを始めてみたい!」と思っている人向けに、「Webライターに向いている人3つの特徴」と「必要になる6つのスキル」について解説しました。

まとめ

【Webライターに向いている人3つの特徴】

  • 文章の読み書きが好きな人
  • ひとりでコツコツと作業を進められる人
  • 約束やルールをきちんと守れる人

【Webライターで必要になる6つのスキル】

  • リサーチ力
  • 分析力
  • 構成力
  • クライアントの意図を理解し、記事にできる力
  • コミュニケーション力
  • 修正依頼に素直に応じられる力

始めるまでは不安が大きいですが、未経験でも思い切ってチャレンジすればWebライターになれます。

ふくうら

今のうちに、副業や本業として将来の自分のために可能性を広げておくのがおすすめです

Webライターは未経験でもなれるの?」と気になった人におすすめ

「Webライターやってみたい!でもどうやって仕事するの?」と興味がわいた人におすすめ

この記事が、みなさんのお役に立てたらうれしいです! ふくうら(@fkr099)でした。

ふくうら

シェアいただけると、とても励みになります!

web-writer-features-skils

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ふくうらのアバター ふくうら フリーランスWebライター

「Webライターで叶える」
「自分を大切に、わたしらしい働き方を」

未経験・初心者×元会社員・内向型ライターのノウハウ・働き方などについて発信しています。

・元事務職OL、未経験・スキルなしからWebライターに転身。
・内向型・HSP(繊細さん)
・アパレル→事務職→ライター
・疲れたら猫を吸う人

メディア記事や企業サイト・LP文章、電子書籍、動画・絵本シナリオの執筆、取材を行うなど幅広く活動。人や商品、サービスの魅力を深掘りし、必要な情報をわかりやすく伝える文章を得意とする。

ポートフォリオ »
note »

お仕事ご依頼などのお問い合わせはこちら »

目次