おすすめの絵本「ぼく モグラ キツネ 馬」とは?心の支えになる言葉が見つかる絵本を紹介

osusume-books-boku-mogura-kitune-uma

「落ち込んでいる…」

「疲れている…」

「心の支えになるような言葉がほしい」

日々生活するなかで、仕事や家庭、恋愛、友人…、いろいろな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、心の支えとなる言葉がもらえる絵本「ぼく モグラ キツネ 馬」を紹介します。

ふくうら

読んだ人のなかには、「思わずホロリと涙が出た」とレビューしている人も……

ふくうら

実際にわたしも読んで、心にジーンとくるものが多くありました

とても素敵な絵本だったのでご紹介します!

ここでわかること
  • 心の支えが見つかる絵本「ぼく モグラ キツネ 馬」とは?
  • 絵本「ぼく モグラ キツネ 馬」が心にしっとりと響くわけ
目次
PR

世界中で大人気のアート絵本「ぼく モグラ キツネ 馬」とは?

著者であるチャーリー・マッケジー氏は、イギリス人のイラストレーターです。

マッケジー氏が初めて描いた本、それが「ぼく モグラ キツネ 馬」とのこと。

ふくうら

2020年イギリスで「最も売れた本」で、アメリカでも「2020年のベストブック」に選ばれるなど世界中で大人気の1冊です

「ぼく モグラ キツネ 馬」あらすじ

osusume-books-boku-mogura-kitune-uma

ストーリーは、少年である【ぼく】が森の中を進むなかで、【モグラ】【キツネ】【馬】と出会い絆を深めていくというもの。

【ぼく】は、知りたがり屋。

【モグラ】は、ケーキ大好きなおとぼけキャラ。

【キツネ】は、つらい目にあってきたため無口。

【馬】は、穏やかで哲学的。

ふくうら

それぞれとても魅力的なキャラクターたちが描かれています

「ぼく モグラ キツネ 馬」心にしっとりと響くわけ

osusume-books-boku-mogura-kitune-uma

やさしいモノクロの絵

やさしい繊細な表紙は心惹かれるものがあります。

なかのイラストも、ほぼモノクロ下絵のようなドローイングの繊細なタッチで描かれています。

ふくうら

それぞれとても躍動感がある絵は、パラパラ漫画のように動いている錯覚に……。

物語は「ぼく・モグラ・キツネ・馬」しかいない限られた空間なのに、寂しさはなくどこか優しく映る世界観が広がっています。

その時々で強く心に響く言葉

osusume-books-boku-mogura-kitune-uma

【ぼく】【モグラ】【キツネ】【馬】彼らの一言一言は、悩んでいる自分を支えてくれる言葉であったり、勇気をくれる言葉であったり、ハッと気づかされる言葉だったりします。

彼らの紡ぐ言葉からは、心の支えとなるあたたかい何かをもらえるはず。


それぞれの中に、私は自分を見出せる。

きっと、あなたもそうなんじゃないかな

引用元:ぼく モグラ キツネ 馬

絵本の冒頭に綴られている著者のマッケジー氏の言葉です。

時に【ぼく】、時に【モグラ】、ある時は【キツネ】、ある瞬間には【馬】……。

その時々で強く共感する部分が変わってくるのも、「ぼく・モグラ・キツネ・馬」の魅力です

ふくうら

なかでも、多くの読者の心に響いていて、私も一番気に入ったシーンがこちら

少年である【ぼく】が、【馬】に尋ねるシーンです。


いままでにあなたがいったなかで、いちばんゆうかんなことばは?

たすけて

引用元:ぼく モグラ キツネ 馬

物語に登場する生き物のなかでも、一番大きな体をしている馬からの言葉というところにも、大事なメッセージが隠れているように感じます。

「ぼく モグラ キツネ 馬」きっとお気に入りの一冊になる

osusume-books-boku-mogura-kitune-uma

「ぼく モグラ キツネ 馬」は、8歳でも80歳でも誰でも楽しめる絵本です。

明日だって、3か月後だって、10年後だって……。

落ち込んだ時、心が疲れている時、そっと絵本を開けば、いつでも支えとなる言葉をもらえます

ふくうら

何度も読み返したくなるほど、きっとお気に入りの1冊になるはず!

各サイトで見てみる


この記事が、みなさんのお役に立てたらうれしいです! ふくうら(@fkr099)でした。

ふくうら

シェアいただけると、とても励みになります!

osusume-books-boku-mogura-kitune-uma

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ふくうらのアバター ふくうら フリーランスWebライター

「Webライターで叶える」
「自分を大切に、わたしらしい働き方を」

未経験・初心者×元会社員・内向型ライターのノウハウ・働き方などについて発信しています。

・元事務職OL、未経験・スキルなしからWebライターに転身。
・内向型・HSP(繊細さん)
・アパレル→事務職→ライター
・疲れたら猫を吸う人

メディア記事や企業サイト・LP文章、電子書籍、動画・絵本シナリオの執筆、取材を行うなど幅広く活動。人や商品、サービスの魅力を深掘りし、必要な情報をわかりやすく伝える文章を得意とする。

ポートフォリオ »
note »

お仕事ご依頼などのお問い合わせはこちら »

目次