おすすめ扇風機バルミューダについて解説|実際に使用した感想も紹介

とはいえ、クーラーの代わりに扇風機を使うと

「一晩中つけっぱなしで寝ると次の日、体がだるい……」

「ファンの音がうるさくて寝れない
……

「寝苦しくて睡眠不足。仕事に支障が出て困る……」

という悩みを感じている人におすすめなのが、自然界の風を再現した扇風機「バルミューダ The GreenFan

この記事では、バルミューダ「The Green Fan」実際に使用した感想ご紹介します。

ふくうら

夏の時期は扇風機が身体に合わず、いつも不調を感じていた私ですが、バルミューダ「The Green Fan」を使うようになって快適に眠れるように!

同じように扇風機による不調で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ここでわかること
  • おすすめ扇風機「バルミューダ」のメリット
  • 実際に使用した感想
  • バルミューダ以外|快眠につながるお手頃お値段のおすすめ扇風機2選
目次
PR

快適な睡眠につながる扇風機「バルミューダ」

今では、おしゃれで高性能な家電を生み出す日本メーカーとしても有名なBALMUDA(バルミューダ)。

ふくうら

私は扇風機をバルミューダ The GreenFanに買い換えて以来、ずっと使用しています

ふくうら

そして使い始めた瞬間から、自然の風のようなやさしい心地に従来の扇風機との違いを実感!

【快適ポイント①】やさしい風

一般的な従来の扇風機は「ACモーター」。しかし、バルミューダは世界で初めて、よりエコで静音な「DCモーター」を採用した特徴があります。

バルミューダ「The Green Fan」は、全く新しい二重構造の羽根で自然界の風を再現しているんです。

身体がだるくなりにくい理由
  • 身体にあたる風が、自然のそよ風のように心地よい
  • 従来の扇風機と比較して、約4倍に広がる風でやさしく包み込まれるような気持ちよさ
ふくうら

身体もだるくなりにくく、喉も痛くなりにくいと感じました。使ってみてわかる従来の扇風機との違い!

【快適ポイント②】静音

electric-fan-balmuda
静音レベル

風量1の音量は、蝶2羽の羽ばたき(13dB)と同じ

図書館の音量が40dBほどなので、図書館よりも静かということになります。

実際使ってみると、風量1〜2(風量は4段階)の場合、稼働していることを忘れるくらい静かだと感じます。

仕事に支障を出さないためにも快適な睡眠を

熟睡できないと寝不足になり、翌日の仕事などに支障が出る可能性も。

快適な睡眠がとれる環境が大切です。

扇風機「バルミューダ」実際に使用した感想

electric-fan-balmuda

購入して以来、毎年ずっと使用中

従来のACモーターの扇風機を使っていたときは、就寝中に扇風機をつけっぱなしにしていると必ず身体がだるくなり、喉も痛くなってしまうので、タイマーのセットが必須でした。

しかし、夜中に寝苦しくなって目が覚めて、またタイマーをセットしての繰り返しで熟睡できないのが悩みでした。

それが今では、バルミューダで一晩中快適に眠れるように!

electric-fan-balmuda
electric-fan-balmuda

買う前は悩んだものの、買ったあとは後悔なし

3万円台の扇風機を買うとなると、ためらう人も多いでしょう。

実際、私も買うかどうかすごく悩みました。結局ひとシーズン逃したほどです。

結局1年後に買ったのですが、買った直後にもっと早く決断すればよかった!と後悔したほど!

ちなみに、人生の1/3を占めているのは睡眠だと言われています。

そう考えると睡眠時間こそストレスなく快適に過ごしたいですよね。

ふくうら

一見高く見えるお値段でも、使う年数から考えてみると……

DCモーターの扇風機の寿命は、5〜10年と言われている。

メーカーオンライン本体価格:35,640円/税別(2021年7月時点)を10年使用で換算した場合、約297円/月。

省エネ・節約にもつながります(販売サイトによっては36円表記の場合あり)。

(メーカーサイト参考:風力1で1日8時間90日使用、電気料金1kWhあたり27円で計算した場合

ふくうら

夏の間だけでなく、冬の間はエアコンと併用して、サーキュレーターとしても使えます

使ってみて気になったポイント

実際に使ってみて気になったポイントをご紹介します。

気になったポイント
  • 高さ調整は2段階のみ:頻繁に高さ調整したい人や微調整したい人には不便
  • チャイルドロックがない:子供がいる家庭だと気になることも
  • 寝るときにまぶしく感じる表示ライト:個人差はあると思いますが、真っ暗で寝たい場合は明るく感じるので、必要に応じて対策が必要
electric-fan-balmuda

従来の扇風機と同じで羽根のカバーに隙間があります。デザイン的に従来の扇風機よりも隙間が大きく感じます。大人の指は入りませんが、子供やペットがいる場合、少し注意したいなと個人的に思いました。

electric-fan-balmuda
ふくうら

念のため、100均の扇風機カバーをつけてます

electric-fan-balmuda
electric-fan-balmuda

寝るとき、表示ランプがこんな感じで光るので、人によっては気になるかもしれません。

気になる人は、何かモノを置いて光を隠すか、「減光シール」を貼って光を弱くするなど対策をしてみてください。

おすすめ減光シール

扇風機「バルミューダ」EGF-1700とEGF-1600 2つのモデルの違い

ふくうら

扇風機バルミューダ「The GreenFan」には、EGF-1700とEGF-1600のラインナップがありますが、最大風力やオートオフ時間が違うくらいです(詳しくはメーカーサイトをご覧ください)

違いは「別売りバッテリー使用時の最大風力」「連続稼働で自動的にスイッチオフになる時間」2点だけ

性能的には2点の違いだけで、お値段的にも調べたところ、EGF-1700(最新モデル)EGF-1600(旧モデル)では同価格もしくは数百円程度の差しかありませんでした。

そもそも旧モデルを扱っている販売サイトが少ないです。

扇風機バルミューダ EGF-1700(2020年発売・最新モデル)

ふくうら

カラーバリエーションは上記の3色。その他限定1色もありますが、取扱いは各販売サイトによります

各サイトで見てみる

お値段的にイマイチ踏み切れないという人は、もし満足できなかった場合に30日間返金保証対象があるメーカーオンラインストア購入も検討してみるのもおすすめです。

別売りバッテリー

コンセントがないところでも使いたい人には別売りバッテリーもあります。

各サイトで見てみる

バルミューダよりもお手頃お値段のおすすめDC扇風機

快適な睡眠は欲しいけどやっぱりお値段が気になる……、という方もいるのではないでしょうか。

「もう少しお手頃お値段の扇風機はないの?」という人向けに、DC扇風機でコスパよし!機能よし!1万円前後の扇風機をご紹介します。

シロカ DC扇風機 ポチ扇 SF-V151(音声操作可能)

商品の特徴
  • 「ポチ聞いて」と話しかけて「あつい」「よわくして」などの音声操作ができる
  • シロカ独自の柔らかくスムーズな風
  • 静音(バルミューダと同じくらい)(風量1の場合、40dB)
  • シンプルなデザイン
ふくうら

音声操作ができるのが大きな特徴です

&DECO (アンドデコ) DC扇風機  Armonia(3D首振り)

商品の特徴
  • 垂直でも使える3D首振り
  • 肌あたりのやさしい風
  • 図書館よりも静かな音量(風量1の場合、23dB)
  • バッテリー内蔵でコードレスでも使える
ふくうら

口コミのなかには、バルミューダの代わりに買ったという人も

快適に寝られる扇風機を

electric-fan-balmuda

扇風機バルミューダについて、快適に眠れるポイントと実際に使用してきた感想をご紹介しました。

翌日の仕事に影響を出さないためにも、毎日の睡眠はとても大切です。

身体に負担がかかりにくいやさしい風を送ってくれる扇風機を使って、ストレス0で快適な睡眠を手に入れてみてくださいね。

まとめ
  • 扇風機「バルミューダ」なら、快適に眠りやすい
  • エアコンや扇風機をつけて寝ていて、体がだるくなったり、喉が痛くなったりする人におすすめ

この記事でご紹介した扇風機


この記事が、みなさんのお役に立てたらうれしいです! ふくうら(@fkr099)でした。

ふくうら

シェアいただけると、とても励みになります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ふくうらのアバター ふくうら フリーランスWebライター

「Webライターで叶える」
「自分を大切に、わたしらしい働き方を」

未経験・初心者×元会社員・内向型ライターのノウハウ・働き方などについて発信しています。

・元事務職OL、未経験・スキルなしからWebライターに転身。
・内向型・HSP(繊細さん)
・アパレル→事務職→ライター
・疲れたら猫を吸う人

メディア記事や企業サイト・LP文章、電子書籍、動画・絵本シナリオの執筆、取材を行うなど幅広く活動。人や商品、サービスの魅力を深掘りし、必要な情報をわかりやすく伝える文章を得意とする。

ポートフォリオ »
note »

お仕事ご依頼などのお問い合わせはこちら »

目次