【女性らしさとは】らしさは自分らしさに置き換えてみるといい

jibunn-rashisa

4月は、学生にとっては新学期がはじまるタイミングでもある。

 

これから新たな学校へ通いはじめる人も、学年が変わる人もいるだろう。

 

そんな4月を前に、私はふと、自分が小学校のころに背負っていた「ランドセル」を思い出した。

 

ランドセルの色は

 

joseirashisa-toha

 

私には兄がいる。

 

小学校に通っていたとき、兄のランドセルは「黒色」、対する私のランドセルは「赤色」だった。

 

joseirashisa-toha

 

いまでこそ、キャメルやピンク、ブルーなどいろんな色のランドセルが発売され、子供たちは自分の好きな色を選んでいるが、私が小学校に通っていた当時は、ランドセルの色は「黒色」か「赤色」の二択だった。

 

 

そして、男の子なら「黒色」、女の子なら「赤色」と当然のように決まっていた。

 

 

でも私は「赤色」よりも、兄が背負う「黒色」がよかった

 

 

「黒色」の方がとてもかっこよく見えたのだ。

 

女性らしさとは

 

joseirashisa-toha

 

女らしさ(おんならしさ)とは、「それが女性の特性(あるいは特徴・要件等)である」と特定の話者や特定の集団が想定している固定観念群のこと。「男らしさ」に対置される観念である。

引用元:Wikipediaより

 

 

これによると、つまりは「みんなの間で共通する認識」ということになる。

 

 

では、女性らしいといわれる一般的な「共通する認識」とは何だろう

 

  • 気遣い上手
  • 料理や家事が得意
  • 健気
  • 母性がある
  • お化粧をする
  • 女性らしい服装(スカート・ヒールなど)
  • 上目遣いをしたり、小首をかしげたりするしぐさ
  • 曲線的な体

 

まだまだたくさんありそうだ。

 

ただし「みんなの間」という共通する集団の「性別」や「世代」など、条件が変われば「共通する認識」も変わる

 

たとえば、男性の間で「女性らしさ」=「気遣い上手」が共通であっても、それが女性の間でも共通だとは限らない

 

 

逆に「男性らしさ」という言葉もある。

 

女性の間で共通する認識が「男性らしい」=「力仕事が得意」「虫は苦手ではない」だとしても、男性の間で共通する認識は違うだろう。

 

 

でも、そもそも「女性らしさ」「男性らしさ」の二択だけでいいのだろうか

 

 

やはりここは「自分らしさ」であることが一番ではないだろうか。

 

私が選ぶのは

 

joseirashisa-toha

 

もし小学校の頃の私が、自分の好きな色のランドセルを選べるとしたら、どうしただろう?

 

答えは明白だ。

 

結局私は、今も昔も「黒色」が好きらしい。

 

まとめ

 

「らしさ」とは、「自分らしさ」に置き換えて使用すれば、より日々の呼吸がしやすくなるのかなと思います。

小学生時代のランドセルのことを思い出し、「女性らしさ」から「自分らしさ」について考えてみました。

 

「自分らしさってなんだろう?」となってしまうときは、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!ふくうら(@fkr099)でした。